Now on this blog:
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
関東甲信越ブロック青年部豆知識・その5
(2013/10/08追記あり)
今日の画像
今日の画像今日の画像
【平成16年度(2004年度)第25回あすなろ研究会in北海道】
 
今日の画像
【平成17年度(2005年度)全板連/日板協青年部創立30周年事業】
 
今日の画像
【平成18年度(2006年度)第26回あすなろ研究会in熊本】 故戸井田氏
 
今日の画像
【平成19年度(2007年度)第27回あすなろ研究会in山形】
 
今日の画像
【平成20年度(2008年度)第28回あすなろ研究会in神奈川】
 
今日の画像
【平成21年度(2009年度)第29回あすなろ研究会in愛知】
 
今日の画像
【平成22年度(2010年度)第30回あすなろ研究会in兵庫】

今日の画像
【平成23年度(2011年度)第31回あすなろ研究会in香川】

今日の画像
【平成24年度(2012年度)第32回次世代研究会in北海道】

今日の画像
【平成25年度(2013年度)第33回次世代研究会in福岡

シリーズ化している関東甲信越ブロック青年部豆知識・その6
今回は関東甲信越ブロック青年部の所属上部組織である
全板連/日板協青年部である、あすなろ研究会に的を絞りましょう
(近年の研究会に付いては次世代研究会カテゴリーからどうぞ)

こちらもその3で紹介した研修会と同様で
平成17年度がイレギュラーになっています
全板連/日板協青年部創立30周年記念事業で
毎年開催のあすなろ研究会が一年飛んでいますのでご注意下さい

平成16年度(2004年度)第25回あすなろ研究会in北海道
平成17年度(2005年度)全板連/日板協青年部創立30周年事業
平成18年度(2006年度)第26回あすなろ研究会in熊本
平成19年度(2007年度)第27回あすなろ研究会in山形
平成20年度(2008年度)第28回あすなろ研究会in神奈川
平成21年度(2009年度)第29回あすなろ研究会in愛知
平成22年度(2010年度)第30回あすなろ研究会in兵庫
平成23年度(2011年度)第31回あすなろ研究会in香川
平成24年度(2012年度)第32回次世代研究会in北海道
平成25年度(2013年度)第33回次世代研究会in福岡

部長・幹事の皆様
そして若手青年部員に勉強の為にも参加されてみてはいかがでしょうか
平成24年度からは日板協事業となりました
呼称名称も変わり(あすなろ→次世代)年齢制限などもなくなりました
どなたでも参加出来るようになっています!
| 全国事業・次世代研究会 | 19:45 | comments(4) | trackbacks(0) |
第33回建築板金業次世代研究会in福岡
【元記事は7/30のものです】

今日の画像

テーマ:「新しいワークスタイルに挑戦」

開催日時:平成25年9月28日(土)13時〜(受付:12時20分〜12時50分)
     平成25年9月29日(日)12時30分まで

会場:〒810-0001
    福岡県福岡市中央区天神3-13-20
    「アークホテルロイヤル福岡天神」
    TEL:092-724-2222

主催及び運営並びに協力:
   主催:一般社団法人日本建築板金協会
   運営:一般社団法人日本建築板金協会青年部
   協力:九州板金工業組合協議会青年部・福岡県板金工業組合青年部

1日目講師
 菅谷信一:「180日で業績大逆転するハイブリッド・ランチェスター戦略」

2日目講師
 三井 裕:「セールススキルトレーニング〜
      激動の今!経営者・技術者が見につける本物のセールススキル」

申し込み方法:
 「参加申込書」に必要事項をご記入の上、日板協事務局宛にお申込下さい。
  FAX03-3456-2781   メール zenban@sage.ocn.ne.jp
      申込期限 8月16日(金)17時まで

参加費の振込について他:
   参加費は一人24000円(1泊2食付)
   振込手数料は負担して下さい。
   8月16日(金)17時以降の参加取り消しについては、
   参加費の全額をご負担いただくことに
   なりますので、予めご了承願います。
   
   銀行・支店名 りそな銀行 麻布支店
   口座番号 (普)1715495
   口座名 一般社団法人日本建築板金協会

服装及び持ち物:
   クールビズ(上着持参・ノーネクタイ)、筆記用具、名刺

お問合せ先:一般社団法人日本建築板金協会事務局:山口
        TEL 03-3453-7698
        FAX 03-3456-2781

関東甲信越ブロック連絡事項:
   次世代研究会の参加人数は関東甲信越で25名です。
   各県2名他で20名です。
   他、参加枠が5名残っていますが、
   先着順で下記にコメントお願いします。
   多少のオーバーは他ブロックとの調整か、事務局に交渉してみます。
| 全国事業・次世代研究会 | 13:00 | comments(11) | trackbacks(0) |
第32回建築板金次世代研究会in北海道の関東甲信越ブロック前夜祭
【確定メンバーコメント追記有】9/20 

次世代研究会22日夜、関東甲信越ブロック前泊メンバー前夜祭の案内です。

第4回幹事会で関東甲信越ブロックで集まろうと言うことで、北海道すすきの居酒屋を
予約致しましたので報告致します。

舟盛屋 狸小路店

http://r.gnavi.co.jp/h632402/
20:30〜

参加予定人数
茨城県3名
栃木県5名
東京都3名
神奈川県1名
新潟県3名

長野県は22日に現地へ入りますか?

間違っていたら連絡ください。

| 全国事業・次世代研究会 | 11:10 | comments(10) | trackbacks(0) |
第32回建築板金業次世代研究会内容のお知らせ
【関東甲信越ブロック青年部参加人数】8/25現在34名予定

都県板 参加人数
茨城県 3
栃木県 5
群馬県 5
千葉県 2
埼玉県 7
東京都 3
神奈川県 2
山梨県 2
長野県 2
新潟県 3
(全板幹事・スタッフは上記人数に含まれていません)


【開催要項・申込書更新】8/10

8/6全国事務局あてに事前配布版開催要項と申込書を配送済みです
各位青年部員の皆様、ご確認をお願い致します
青年部本家Websiteにも更新済みです
今回より、開催要項・申込書・一般申込書になっています


【次世代研究会ポスター追記】7/27

今日の画像

第32回建築板金業次世代研究会内容(7/25記載)

【事業名】
第32 回建築板金業次世代研究会in 北海道

【メインテーマ】
「経営戦略そして実践」

【サブテーマ】
踏み出したものが勝者!新戦略でチャレンジ!

【事業目的】
本事業は、
従来の「あすなろ研究会」を名称変更し事業を継続するものである。

【開催日時】
平成24 年9 月23 日(日) 午後14:00より9月24日(月) 午後12:30とする

【開催場所】
〒060-0002
札幌市中央区北2 条西1 丁目1
ホテルニューオータニイン札幌
TEL 011-222-1111 FAX 011-222-5521

【参加会費】
24,000円

【主催】
主催:社団法人日本建築板金協会
設営:北海道板金工業組合 青年部
協力:社団法人日本建築板金協会 青年部

【外部協力者】
講師:松本久敏先生 
   テーマ:「経営革新」は企業永続の条件
内容:1・企業永続のヒントを老舗から学ぶ
   2・将来像を思い描くことから革新は始まる
   3・自社の現状を正しく知る
   4・将来像へ到達するための経路図を作る
   5・経路図通り前進するための仕組みを構築する

講師:NTTドコモ北海道支社
   テーマ:「スマートホンのビジネス活用について」
内容:1・スマホとは?・スマホの特徴、最近の動向、クラウド、SNS
   2・ビジネスとスマホ ・ビジネスにおけるスマホの活用、導入事例
   3・導入時のポイント ・誰のため、どう使い、どう効果を上げるか
   4・実機体験 ・ブラウジング、Play ストア、カメラ、ファイル共有 
| 全国事業・次世代研究会 | 16:30 | comments(9) | trackbacks(0) |
第31回あすなろ研究会in香川のお知らせ
【元記事は7/23記載】

7/22に全板連・日板協青年部第3回幹事会を行ないました。
9月にあすなろ研究会が行なわれますので、開催内容を報告いたします。

今日の画像

第31回あすなろ研究会in香川

本事業は、全板連・日板協活動における目的のひとつである、
組合員相互の経営安定化の実現と、
魅力ある業界づくりを目指すもので、青年部員として、
同じ価値観を持つ仲間がこの世界不況の下、
今こそ横の組織力強化に努め、生き残りをかけた戦いに立ち向かい、
勝ち抜く強さを身につけるべく、
確固たる社会地位の獲得と次世代への継承について
語り合うことを目的とします。


メイン・テーマ「今日から輝け!自信と誇り」
サブ・テーマ「未来のための今・・・ 真のリーダーシップとは?」

1日目講演
講師:山本昌邦様 サッカー解説者
   2004年アテネ五輪サッカー日本代表監督
「リーダーの条件」と題したご講演予定

2日目講演
講師:石本惣治様
   全日本板金工業組合連合会 理事長
   社団法人日本建築板金協会 会長

2日間と通じて参加者自身の意識改革、
モチベーションの向上等、
明日からの目標をそれぞれの参加者が
明確に持つことができるようなプログラムを用意しました。

平成23年9月17日(土)/18日(日)
〒760-0080
香川県高松市木太町2191-1
「高松国際ホテル」 TEL087-831-1511 FAX087-861-0293
http://tkh.anabuki-enter.jp/index.html

17日(土) 14:00〜 (受付 13:20〜13:50)
18日(日) 12:30まで

参加申込期限8月19日(金)17:00 
(増える分には期日過ぎでも良い。キャンセルはきかない)
| 全国事業・次世代研究会 | 16:00 | comments(23) | trackbacks(0) |
あすなろ申し込み状況
 18日(木)9:00現在の速報値です。

申込と振込期限は明日19日(金)17までと
なっておりますので、それぞれご確認願います。

よくある質問で「氏名の確定ができないから申込が
できない」がありますが、Aさん、Bさんでも構わない
ので、最低限確定人数を報告するように促してください。


現在確認が取れている関東ブロックの都県です。

追記*記載漏れでした↓

群馬3 千葉3 東京3 山梨3


追記(18日17時現在)

長野3 栃木4

追記(19日12時現在)

神奈川2 埼玉3 茨城2 新潟1

 
事務局からの報告と人数の違いがあります(新潟・茨城)
全板役員は含みませんので、再度確認願います。

*事務局でも再確認してもらいます。




| 全国事業・次世代研究会 | 10:49 | comments(5) | trackbacks(0) |
あすなろ参加者の皆様へ
あすなろ研究会へ 参加者皆様

ご参加、大変ありがとうございました。

今回の内容は、いかがでしたでしょうか?

賛否両論あるところと思いますが、全板役員も

1年前から計画し、先日の開催となった訳です。

普段の仕事に、また組合活動にも

少しでも何かしらのヒントが得れれば・・・と思います。


次回の全板行事は技能競技大会になります。

課題も発表され、近日中にココにもUPされるはずです。(太郎さんお願いします)

関東ブロックでも講習会の予定があるようですが

是非、昨年以上の好成績が残せるよう期待しております。 


残暑もしばらく続きそうですが、健康に気を付けて皆さんがんばりましょう。


全板連・日板協担当幹事  古市

今日の画像今日の画像
今日の画像今日の画像
今日の画像今日の画像
今日の画像今日の画像
【第33回ZIC課題作品 (ミルクタンク)※写真は試作品です】
 
※追記画像UPしておきました(太郎丸)
| 全国事業・次世代研究会 | 11:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
あすなろ研究会内容のお知らせ・0728

第30回あすなろ研究会

【元記事は7/28記載のものです】8/19更新

本事業は、全板連・日板協活動における目的のひとつである、
組合員相互の経営安定化の実現と、
魅力ある業界づくりを目指すもので、青年部員として、
同じ価値観を持つ仲間がこの世界不況の下、
今こそ横の組織力強化に努め、生き残りをかけた戦いに立ち向かい、
勝ち抜く強さを身につけるべく、
確固たる社会地位の獲得と次世代への継承について
語り合うことを目的とします。

今回のあすなろ研究会は、メイン・テーマを「平成板金塾開門供廖
サブ・テーマを「未来の自分は自ら創る 何事にも前へ進むべし」と題し、
株式会社経営教育サービス 代表取締役 
大長敏恵氏を招き「顧客創造塾」と題したご講演と
株式会社日本旅行 西日本営業本部担当部長兼ツアーコンダクター
平田進也氏による「ほんまもんのサービスはこれや!」
と題したご講演を聴講していただきます。

2日間を通じて参加者自身の意識改革、
モチベーションの向上等、
明日からの目標をそれぞれの参加者が
明確に持つことができるようなプログラムを用意しました。


平成22 年9 月12 日(日)/13 日(月)
兵庫県神戸市「チサンホテル神戸」

〒650-0027 兵庫県神戸市中央区中町通2-3-1
「チサンホテル 神戸」 TEL:078-341-8111 FAX:078-371-5577
http://www.solarehotels.com/chisun/hotel-kobe/

平成22年9月12日(日)13時 から(受付:12時20分〜12時50分)
平成22年9月13日(月)12時50 分まで

参加申込期限 8 月18 日(水)17 時

第35回部長会・総会の実施報告書も
本家WebsiteにUP済みです 

| 全国事業・次世代研究会 | 11:00 | comments(16) | trackbacks(1) |
喫煙・禁煙の確認
あすなろ参加の皆様ありがとうございます。

大勢の参加申込いただきましたが、

喫煙ルームが半数になってしまいました。
そこで、先週名簿確認を依頼したすぐあとで
大変申し訳ありませんが、喫煙の調査をお願い致します。

【報告期限】
8月31日(月)

それまでに報告ないブロック・都道府県につきましては、
こちらで割り当てさせていただきます。

と、事務局からの連絡がありました。

29〜30のキャンプ前の幹事会の時に

確認させていただきますので、それまでに

わかるようにしておいて下さい。
| 全国事業・次世代研究会 | 15:02 | comments(9) | trackbacks(0) |
あすなろ研究会@講師紹介
おはようございます。
昨日も午前様のステです。

全板青年部のHPでも開催要項が閲覧できますのでご確認ください。
(http://zenban-seinenbu.jp/m_project.html)

事前調査票に1〜3の希望順位を記入していただいたと思いますが

講演に参加できるのは2個のみです。
(会場の都合で順位の変動あるかもしれません)

小川三夫氏(宮大工)の公演は全員になります。


小川三夫(おがわ・みつお)宮大工
1947 年栃木県矢板市生まれ。1966 年氏家高卒。
斑鳩の宮大工・西岡常一(文化財保存技術保持者)のただ一人の内弟子。
高校の修学旅行で法隆寺五重塔を見たことがきっかけとなり、卒業後法隆寺宮大工の故西岡常一棟梁の門を叩くが断られる。
飯山の仏壇屋、日御碕神社、酒垂神社で修業をした後、22 歳(1969年)で西岡棟梁の唯一の内弟子となる。法輪寺三重塔、薬師寺金堂、同西塔(三重塔)の再建に副棟梁として活躍。
宮大工になりたいという若者たちをじっくり育てる場所として、1977 年徒弟制を基礎とした寺社建築専門の建設会社「鵤工舎」を設立。
現在、弟子の育成とともに、国土安穏寺、国泰寺ほか全国各地の寺院の
改修、再建、新築等にあたる。
著書に西岡棟梁の聞き語りの『木のいのち木のこころ(天)』の続編『木のいのち木のこころ(地)』や『不揃いの木を組む』(いずれも草思社)、『棟梁』(文藝春秋)などがある。


木村憲彦(きむら・のりひこ)社会保険労務士
1973 年生まれ。愛知県立大学文学部中退後、平成8 年4 月瀬辺法律会計事務所(愛知県名古屋市)に入所。同事務所において弁護士業務の補助に従事し、特に、訴状・契約書・内容証明などの文書作成、法人自己破産申立、多重債務者債務整理、遺言書作成、遺言執行業務に多く携わり、法律事務に精通する。
10 年間の勤務の中で培われた法的な知識と経験を地域経営者の皆様の経営支
援に活かしたいという思いから、社会保険労務士資格の取得を決意し、平成17 年社会保険労務士試験に合格。平成18 年10 月愛知県社会保険労務士会に開業登録し、「きむら社会保険労務士事務所」を開業。法律会計事務所とのコラボレーションにより、法務・税務・労務とあらゆる面から企業経営を支援できる総合事務所体制の確立を目指し、社会保険労務士としては、企業の発展には経営者と従業員とが強い信頼感で結ばれることが不可欠であるという信念のもとに、企業の組織運営上の問題解決をサポートしている。
「社員のヤル気」や「組織作り」について悩んでない社長はいない!
・ 社員にイキイキと働いて欲しい
・ 自主的に行動する組織にしたい
企業・事業所発展に真剣な経営者、また今後経営していく若き皆様に「強い組織=経営しやすい組織」を考える講演を行います。今こそチャンス!・今こそチャレンジ!


桑原規歌(くわはら・のりか)NPO 法人名古屋NLP 教育センター理事長
1961 年島根県生まれ。1983 年愛知教育大学 教育学部卒。25 年間、公立小中学校養護教諭・保健の先生として、愛知県尾張部の3 小学校1 中学校で勤務。生徒・保護者・教師仲間から「姫先生」と親しまれる。2002 年私立愛知中学校の土曜講座(メディアリテラシー講座)を担当。
以後、パネリストとして、TV、ラジオ出演や多数の著書を発行。2006 年米国NLP協会認定マスタープラクティショナー資格を取得。2006 年NPO 法人「名古屋NLP 教育センター」を設立。
講演やセミナー、研修会講師としての活動を本格化。2008 年3 月、現役を引退。後輩養護教諭の育成にかかわりながら、NPO法人名古屋NLP教育センター代表理事として執筆活動・講演・セミナーの開催をしながら、多くの人の可能性と価値を引き出す活動をしている。ブログ「姫先生のおめめ」は、ブログランキング 教育論教育問題部門第1 位。

百々正浩(もも・まさひろ)NPO 法人名古屋NLP 教育センター副理事長
三重大学教育学部卒業後、バーテンダーを経て塾講師に。25 歳の時に、より一人ひとりにあった教育を提供するために独立。その後、生徒の意欲を引き出すために、コーチング、NLP を学ぶ。
現在は、塾経営の傍ら、大学講師として教師を目指す学生にコミュニケーションの大切さを伝えている他、NLP マスター、教育コーチとして、塾の保護者対象のコミュニケーション講座や、介護職リーダー向けのコミュニケーション講座、中学生への講演などを精力的に開催している。
徹底計画型個別指導塾←ARROW→ 代表
愛知学院大学非常勤講師
米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
(社)日本青少年育成協会 認定教育コーチ
本当の自分を見つけ、ワンランク上の人生を歩こう!
・自分の持っている価値を引き出してみたい
・自分の可能性を引き出したい。
・なりたい自分がわからない
・自分が進むべき道を知りたい。
・もっとすてきな自分になりたい。
・夢や目標を達成したい。
・自分自身の生き方を考えたい。
・もっと自信を持って生きていきたい
目標達成のためのセッションは、コーチングで一番扱われる課題です。 しかし、逆に、自分が何を求めて生きているのかわからないという方もいるかもしれません。
いずれの場合も自分が何を大切にしているのかを明確にし、本当に求められているものを掘り出していきます。
コーチングでは、コーチの支援(傾聴と質問コミュニケーション)によって、これらの要因の1 つ1 つについて、焦点を変え、自分を止めている思い込みをはずし、整理していきます。これにより、全く新しい「やり方」を、自分自身で気づくことができます。 ディスカバリューコーチングでは、それに加え、さまざまな心理手法によって、その人らしさ・その人の価値と可能性、モチベーションを引き出すセッションを行います。


高柳一男(たかやなぎ・かずお) 愛知県板金工業組合理事長
有限会社高柳板金工業所代表取締役
11944 年(昭和19 年)生まれ。1935 年(昭和10 年)高柳板金工作所として初代 高柳浅次郎が創業する。1956 年(昭和31 年)2 代目である高柳丑五郎が代表を就任する。1970 年(昭和45 年)有限会社高柳板金工業として法人に改組する。1986 年(昭和61 年)3 代目である高柳一男が代表を就任する。1993 年(平成5 年)工場を岡崎市日名西町に新築移転する。
周年記念誌を作るのが始まりで、組合の歴史を調べていくうちに、組合に関する記録の少ない事に気づく。板金加工の基本は「はぜ加工」ではあったが、定光寺の銅板屋根のすばらしさ、石川門の鉛の瓦棒葺きに、はぜ加工がない事がわかり板金のルーツを益々知りたくなった。戦前・戦後発足していた工業組合。その頃の人達から多くの歴史・技術教えて頂き、我流で「板金のルーツ」を作り上げた。訓練生や後輩達にも、板金の歴史を知ってもらい、後世に伝えていってもらいたいと思う。
<建築板金とそのルーツ>
・ 古い時代の金属屋根(銅板葺き屋根)
・ 古い時代の金属屋根(鉛葺き屋根)
・ 明治時代の金属屋根
<板金という職業の発生>
・ 樋のルーツ
<明治時代の鉄と屋根の歴史>
| 全国事業・次世代研究会 | 08:38 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>
Blog QRCode
Blog QRCode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS